見違えるほど美しく!フェイスラインの美容整形

一言に美人といっても、目元涼し気な和風美人から目鼻立ちのくっきりした美女まで、そのタイプは様々です。美しさの決め手となる一番重要なポイントは、顔の輪郭ではないでしょうか。美容整形には、引き締まった美しいフェイスラインを作る様々な施術があります。

フェイスラインを変える美容整形の種類やその特徴についてまとめました。

フェイスラインを整える美容整形の種類

フェイスラインに関する悩みは、人によって様々と異なっています。頬が痩せていることを気にしている人がいれば、逆に丸顔がコンプレックスだという人もいるでしょう。美容外科クリニックでは、一人ひとりが抱えるフェイスラインの悩みに合った様々なタイプの施術が取り扱われています。

ふっくらとした頬を作るヒアルロン酸注入

頬に丸みやハリをもたらす美容整形施術として、ヒアルロン酸注入が挙げられます。注射器によってヒアルロン酸を注入し、気になる部位のボリュームをアップすることが可能なのです。ヒアルロン酸注入はフェイスライン以外にも、様々な目的で行われています。

例えば、鼻先を少しだけ高くしたい、バストのサイズを大きくしたいといった場合にもよく利用されている施術です。身体に馴染みやすい成分を注射器で注入する施術ですので、安全性が高く副作用のリスクもほとんどありません。

また、年齢を重ねると顔の筋肉が衰えてしまい、頬の皮膚がたるんだように見えてしまいがちです。もともと痩せている方の場合、顔の筋肉が衰えることによって頬骨が目立ってしまうこともあるでしょう。頬がこけていると元気が無いように見えますし、実年齢よりも老けた印象になりがちです。

ヒアルロン酸を注入することによって頬にハリが生まれれば、若々しく元気な印象になります。

エラの張り出しを改善するボトックス注射

正面から顔を見た時にエラが目立っていると、男性的な印象を与えてしまいますし、顔全体が大きく見えてしまいます。目鼻立ちがはっきりしている方の場合、多少エラが張り出していてもあまり目立ちませんし、むしろ凛とした雰囲気に見えるかもしれません。

しかし、顔の他のパーツがおとなしめな場合は、エラばかりが目立ってしまいコンプレックスになることもあるでしょう。張り出しているエラを改善する美容整形施術として、ボトックス注射が挙げられます。ボトックス注射は、筋肉の緊張をほぐして緩めるといった効果を持つ施術です。

エラを覆う表情筋の一つ、咬筋に注入を行うことでフェイスラインをなだらかに変化させることができます。骨そのものの形状には変化を加えないため、身体に負担が少ないのが特徴です。ボトックスはフェイスライン整形の他にも、アンチエイジングや多汗症治療など様々な目的で使用されています。

メスを使用しない手軽な施術であることから、多くの人がクリニックで実際にボトックス注射を受けています。

注入法のメリットとデメリット

ヒアルロン酸注入やボトックス注射は注入法と呼ばれる施術であり、メスを使用しないことから身体への負担が少ない美容整形方法として人気を集めています。注入法のメリットは、外科手術を伴わないため入院等の必要がなく費用が安いといった点にあるでしょう。

また、注入する位置によって異なる効果を与えることができるため、細かい部分まで理想に近い仕上がりを実現できるという特徴も持っています。ただし、ヒアルロン酸をはじめとする注入法は、ほとんどの場合効果が永続しません。

いずれも体内に馴染みやすい成分を使用しているため、徐々に吸収され体外へと排出されてしまうのです。効果の持続期間は施術内容によって異なりますが、通常数年程度で薄れていき、やがて元通りになるといわれています。

脂肪溶解注射による顔の部分痩せ

顔の脂肪を減らしたい、小顔になりたいといった場合には脂肪溶解注射という施術が適しているでしょう。脂肪溶解注射とは文字通り脂肪を溶かして分解する施術であり、BNLS注射とも呼ばれています。BNLS注射を行う一般的な部位として、頬や顎下、小鼻などが挙げられるでしょう。

いずれも脂肪が多いと顔の印象がぼやけてしまう部分であり、通常のダイエットでは痩せにくい部位でもあります。BNLS注射はこうした痩せにくい部位を、効果的にシェイプアップできる施術として人気を集めています。

植物由来成分を使用するため安全性が高いといわれていますが、体質によってはアレルギーが起きる可能性がありますので、リスクはゼロではありません。アレルギーがある方は事前にクリニックへ申告し、問題がないかしっかりと確認してから施術を受けることが大切です。

また、BNLS注射は、受ける人の体質や医師の技術によって効果に差が生じやすいといわれています。施術を受ける際にはBNLS注射について実績があるクリニックを選ぶ必要があるでしょう。

様々な輪郭形成

注入法やBNLS注射は、顔の脂肪や筋肉に効果をもたらす施術です。骨そのものの形を変えるためには、外科手術による輪郭形成を行う必要があります。アゴ削りの施術では、長く目立ってしまう顎や突き出している顎などの修正が行われます。

エラ削りは角ばったフェイスラインを改善し、なだらかに仕上げる施術です。いずれも口の内側から切開を行い、特殊な器具を用いて骨を削り取るといった内容になります。ボトックス等では対応できない問題でも、外科手術による輪郭形成なら改善が可能です。

外科手術では、骨を削るため効果が半永久的に続きますが、ボトックス注射やヒアルロン酸注入のように簡単にやり直しをすることはできません。また、外科手術を行うため、注入法よりもダウンタイムが長くなり入院も必要となります。

しかし大幅なフェイスラインの改善が可能であり、理想の顔型になることができる施術です。

美容整形でアゴの形を変える方法とは?【具体的な方法の紹介】

たるみを解消するリフトアップ施術

年齢からくる顔のたるみには、美容整形のリフトアップ施術が効果的だといわれています。代表的な施術として、糸を使用したスプリングスレッドが挙げられるでしょう。突起がついたシリコン製の特殊な糸を皮下に通し、頬のたるみを効果的に引き上げるという施術です。

強力なリフトアップ効果をもたらすため、フェイスラインのたるみをしっかり解消したい方に向いています。糸を通すのではなく、皮膚を切開して縫い留め、顔全体をリフトアップする施術も存在しています。いずれも加齢によるたるみやフェイスラインの崩れを解消する、効果的な美容整形施術として支持されている方法です。

参考⇒札幌中央クリニック - 美容外科札幌
http://www.beauty-care.jp/